福岡市で腰痛治療




腰痛治療ならまいづる鍼灸整骨院へ



腰痛になり、薬を飲んだり痛い個所をマッサージしたり、手術に至るケースもあります。
しかし痛みが一時的に緩和されても、また腰痛はぶり返します。
なぜでしょう?それは腰痛を引き起こしている原因である体のバランスの悪さが残ったままだからです。
慢性化した腰痛でお困りの方は是非福岡市の当整体院へご相談ください。
長年悩まされた腰痛の原因を治療することで、痛みから解放されます。

福岡市でベストの腰痛治療

福岡市腰痛治療

福岡市のまいづる鍼灸整骨院が最も得意とするのが腰痛です。

福岡市で他に通ってもなかなか腰痛が治らない方、
 当院の治療を試してみてください。

腰痛の原因は主に全身のバランスです。
 他に腰そのもの、骨盤、股関節、首なども考えられます。
 実際は腰そのものに原因がないことも多いですが
腰を揉んでも治らない腰痛の方もいると思います。

マッサージなどで一時的に腰痛の症状を緩和することは確かにできます。
技術のないところやマッサージ屋さんはそのように施術し、患者も一時的に満足します。
しかしそれは症状の緩和であって、腰痛の原因の治療ではありません。
腰痛の原因を解消しなければすぐに元に戻ってしまいい、ずっと通院しなければなりません。

腰痛の改善は痛いところにかかる負担を取り除くことが大事です。
じっとしていて痛い場合は、歪んでいて負担がかかり続けるとから腰痛になります。
動いて痛い場合は、動きが悪いか、
正しい動きを制限する原因が何かあります。
それが骨格・関節なのか、筋肉か福岡市の当院では見極めて治療します。

根本的に腰痛を完治させたい方は当院において腰痛の原因の治療を行いましょう。
慢性的な腰痛を治せれば、きっといろいろな面で事態は好転するでしょう。
それくらい重要なことですから、是非一度当院へ腰痛の治療へお越しください。

バランスを崩す要因は、生活習慣や精神的ストレスなど様々です。
よくお話をうかがっていくと、ささいなことが原因だったりします。

悪い習慣を見つけ、適度な運動も交えると、腰痛はより改善しやすくなります。

是非当院で一緒に原因をみつけ腰痛を治していきましょう!

ギックリ腰

ぎっくり腰は病名ではなく、腰がグキッ、ギクッといって、
急激に痛みが走る腰痛の症状のことです。

原因は様々で
・重い物を持った
・急に体をひねった
・過体重
・筋肉の疲労
・姿勢の悪さ
などがあります。

・筋肉の損傷
・筋膜の炎症
・背骨や骨盤の仙腸関節の捻挫やズレ
・椎間板の損傷
・背骨にある靭帯の損傷
など腰痛となる箇所も何箇所かあります。

重いものを持った時、洗面所で前かがみになった時など
誰でも起こりえます。
ギックリ腰になると、痛い場所が熱を持つことがあります。
これは炎症が起きている証拠です。
炎症は48時間続くと言われるので、発症して二日ほどは痛みが
悪化したり、続く傾向があります。

この時に腰を揉んだりすると、立てなくなることがあるので
気を付けてくださいね。

当院では直接患部に強い刺激を与えないよう他の部分を施術することで、腰痛の緩和をはかりますのでお任せください。

どうしても動けない時は無理せず冷やして安静にしていてください。

当院では急性の腰痛(ギックリ腰)には鍼を使う事が多いです。

是非、お試しください。


「腰痛がよくなるガイドブック全国版」に掲載
福岡市整体の腰痛、ギックリ腰

再度腰痛(ぎっくり腰)の原因と予防法をお伝えします

腰痛の原因(1)筋の損傷

筋膜性腰痛といい、筋肉や、筋肉を覆う筋膜の損傷です。
これがギックリ腰に一番多いです。

腰痛の原因(2)仙腸関節の損傷

骨盤を形成する仙骨と腸骨からなる仙腸関節に無理な力がかかり、それを結ぶ靱帯(じんたい)が損傷したものです。

腰痛の原因(3)腰椎どうしを結ぶ靱帯(じんたい)の損傷

これは特にかなり重い物を無理に持ち上げようとした際などによく起き、腰椎(腰の部分の背骨)と腰椎を結ぶベルトである棘間靱帯に無理な力がかかり損傷したものです。

腰痛の原因(4)腰椎と腰椎の間の軟骨(椎間板)の損傷

腰椎に無理な力がかかった際に椎間板を損傷するものです。
損傷部から中にあるクッションの役目をしている髄核が飛び出して神経を圧迫しているものが椎間板ヘルニアです。
神経症状(しびれ、麻痺、ズキズキした痛み)などが出て痛いです。

腰痛の原因(5)腰椎関節のズレ

腰椎の関節突起関節と呼ばれる関節での関節面のわずかなズレにより関節動作が悪くなり痛みを発生するものです。

腰痛の原因(6)腰の表面近くに分布する神経の圧迫

腰の表面近くの背側皮神経が強く伸ばされたり、圧迫されたりして痛みを発生するものです。

腰痛の原因(7)老人の腰椎圧迫骨折

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)がひどく骨が弱くなっているお年寄りでは、しりもちをついただけで腰椎が潰れて(圧迫骨折)しまう場合があります。
当院の患者さんで若い方もこの症状で来院されました。


<予防法>
生活習慣で発症する方が多いです。ちなみにギックリ腰は癖にはなりません。(よく言いますけど…)
実は生活習慣の癖です。
よく腰から曲げて物を取ろうとする作業が多くないですか?→足から曲げて取りましょう。
体重は出来るだけ落とすことが腰痛への予防です。
腹筋、背筋を鍛えましょう。朝起きたとき腰が痛い。そんな方は起き上がる前に両膝を抱えてみましょう。
両膝を胸にひきつけるような動作を数回行ってください。起き上がる前に10~20回行いましょう。
腰痛ギックリ腰の予防になりますよ。


院長が新田恵利さんの取材を受けました!

タレントの新田恵利さんが当院の治療方針、施術方法などについて取材に来られました。
腰痛の治療に関して興味をもっていたようです。



~中略
新田: 治療をメインにした治療院なんですね?

林内: そうです。福岡市の当院ではマッサージと整体を分けています。治療は整体、はり。リラクゼーションはマッサージという風にです。

新田: 治療というとどういう事をやるわけですか?

林内: そうですね。患者さんの痛みの原因は局所にあるんではなくて、別の場所にあります。それを特定して治療していくやり方です。

新田: すごいですね、腰に原因がないってことですよね?歪みとかですか?

林内: まさにそのとおりです。リラクゼーションでしたら、腰が痛いと言えば、腰をほぐします。しかし、治療であれば歪みや別の場所をみることが多いです。

新田: 福岡市の別の治療院と違うんですね。

林内: はい。このようなやり方は少ないと思います。

新田: なぜ、このような治療方法にたどり着かれたのですか?

林内: そうですね…。私は以前、マッサージの仕事をしていて、腰が痛い人は腰を揉む、その場は気持ちいい。でも、治らないんですよ。その人の腰痛は何か原因があるのではないのかとよく考えていました。

新田: そこからたどり着かれたわけですね?

林内: そうです。でも、そこまでは色々と勉強しました。

新田: どんなことを勉強されたのですか?

林内: 鍼灸、カイロプラクティック、AK、アクチベーター、トムソンテクニック、言えばまだかなりあります。これらを勉強していくうちにオリジナルの手技を作りました。 でもまだまだ勉強です。

新田: 腰痛に限らず、たくさんの症状に対応するのは大変だと思いますが、今後もがんばってくださいね。

copyright 福岡市で腰痛の方はまいづる鍼灸整骨院